まっちゃブログ

私の視点、価値観、見える世界を私の言葉で

出張先でGoTo地域共通クーポン活用

f:id:accomplishfrom30:20200917191014j:plain
この時期にたまたまいった出張がGoToキャンペーン適応になり宿泊費が安くなりましたが、
正直のところ経費なので自分には直接的なメリットはありませんでした
(経費を抑える点では良かったけど)
ところがGoToクーポンの存在を直前まで知らなかった私。
これのおかげで孤独のグルメを堪能することが出来ました!
今回は私の体験談を纏めてみたいと思います。
※2020年10月初旬時点のことです
※値引規制→規制解除値引再開→この後どうなるか
※私が利用した時期を元にした記事です

1.宿泊費35%引き+15%分クーポン

具体的な値引きは下記の通り。
例えば1人宿泊費4万円の場合、
1.4万円値引きの支払い2.6万円になるというもの
(2020年10月10日段階では大手旅行予約サイトが値引き額引き下げ)
また従来宿泊費4万円に対する
15%分7千円分地域共通クーポンがもらえるというもの
(こちらも同様現時点で最大3500円へ引き下げ)

2. 地域共通クーポンとは紙クーポン・電子クーポン

これも利用する直前まで知りませんでした。
私の場合は旅行サイト一休.comから予約した為、
地域共通クーポンは「電子クーポン」でした。
紙クーポンに関してはどうやら事前に引き換えにより受けとるもののようです(詳しくなくてすみません)
今回はビジネス利用だったこともあり、
コンビニで食事等済ませられたらと思いました。
ところがコンビニでは電子クーポンしか対応しておらず…。
これもコンビニ3店舗梯子して聞いて理解したのです…。
この後よくよく調べてみると紙・電子があることが判明しましたが、
下調べをここまでするのだろうか…

3.使える店が限定的

というものの7000円分クーポンを使わないのはさすがに勿体ない。
使用期限がチェックアウト当日までということだったので、
電子クーポンが使える店を地図で調べることに。
そりゃそうですよね、観光利用者向けだからチェックアウト後に利用出来てしまうと
「観光から帰った後も使える」ということになってしまいますし納得です。
本当はコンビニで朝食夕食代がまかなえたらと思っていました。
経費削減の為ホテルで夕食朝食はつけていない為(一般企業だと当然?でしょうか)
しかしコンビニで利用することが出来ないと判明した今、
残された選択肢は「利用出来る飲食店を探し食費代として利用すること」でした。
調べた結果…唯一近場にあるチェーン店居酒屋が対象ということが判明。
居酒屋に一人で行くのはどうかと最初は考えたのですが、
こうなったら維持でもクーポンを活用してお得感を得ようと決意。
そこで一人でチェーン店居酒屋へ行ってきました(笑)
カウンター席の端に一人。店内賑やか。居心地わるー(笑)
ただ一人で7000円分気にせず居酒屋で飲み食い出来るってのはとても気が楽!
そんなに食べられませんでしたし、まだ残り3000円分ありますが(笑)
残りの出張期間でもう一度居酒屋いってこようと思います(笑)

まとめ

ビジネス出張だろうがGoToキャンペーンは対象となる。
予約サイトによって値引き上限が異なる為、
事前に比較対象に目星をつけていると比べ安い。
宿泊費値引+額面分クーポン利用の2軸。
断然お得なので目的が明確である旅行だと今いくべき。